部下を思考停止に追い込んでしまうバカな上司たち

上司:「お前、それどうするんだ!」
部下:「どうするんだ と言われても...」

ありがちな社内での会話です。
私も言われたことがあります。

結論から言って、こういったことを言われて、何か名案が浮かぶことはないということです。
この言葉は、ハッキリ言ってパワハラに近い発言だと私は思っています。

この上司は、自分で考えることを放棄して責任を部下に押し付けたい衝動が見え見え
そうすると部下はそのプレッシャーで思考停止になるだけです

つまり、マネジメントとしては「クソ」だということです。

思考停止状態の上司が部下を思考停止に追い込んでしまう

最近実際あった状況はこんな感じです。

船舶の機械は定期整備を毎月のように行います。

しかし、運航スケジュールが分からないと整備の予定がなかなか立ちません。
もちろん、月初めには、前半の作業と、後半の作業はリストアップしておおざっぱなスケジュールは立てています。

スケジュールが決まったら、決まったところまで作業予定を決めていきます。
でも忙しい状況だと、機械が休む暇なく動きますから、隙間時間が発生したときに作業を入れ込むしかありません。

スケジュールが決まらないが、予想では忙しくなりそうだ。
こう言ったとき、責任者がメンタルが弱く、「言われた通りにやらなければならない」というベキ論でガンジガラメだと、部下にしわ寄せが来ます。

「お前、しっかり計画立てとかないと、やれなくなるぞ!」
「行き当たりばったりでは、出来んぞ!」

こういう発言が出てきます。
スケジュールが決まってないのに、忙しくなりそうだからと言って、しっかり計画を立てることは無理ですよね。

あなたは、どう思います?
要求が理不尽ですよね。

時間の合う時に作業を入れなければ仕方ないし、ダメなら夜間にやるとかすればいいだけなんです。
最悪は、次月に繰り越すことも可能です。

私から言わせれば、なんのことはありません。

この場合の責任者の発言の意図はなんでしょうか?
本当に問題を解決したいのでしょうか?
何のために部下に立たない予定を立てさせようとして思考停止状態に追い込むのでしょうか?

あなたが、上司なら自分自身の不安を認めることです。

「あなた、不安なだけでしょう?」

只、不安なだけなんですよね。

残念なことにほとんどの場合、本人にその自覚がありませんから、こんなことを言っても通じませんね。

もし、あなたが、上司でそういった、ことをやった記憶があるのなら、次は自分の不安としっかり向き合ってください。
そして、自分が混乱している状況を認めてください。

「自己認識」が出来ないと、部内の人間関係や業績はどんどん悪化して行きますよ。

不安のはけ口に部下に責任を押し付けてもなんの成果もあげられないどころか、部下との信頼関係を壊してしまうでしょう。
ハッキリ言って少しだけ頭のいい部下なら、あなたのことをバカにするかも知れません。

気を付けてくださいね。

不安な上司の理不尽な要求に巻き込まれないために

あなたが部下なら、そういう場合はどうするか?

部下としては、「ちゃんと計画を考えてますよー!」っていうアピールをするしかありません

「あ、それはですね...」
「この時はこう、この時はこう、この時はこう そういう予定になっています」
ま、2~3種類の案を適当につくって提示してあげると相手も安心するでしょう。

要するに、対応してあげることが重要です

めんどくさいですが、そういう上司を持ったあなたの運命です。
めんどくさくても、諦めてやりましょう。

そのために部下である、あなたは、上司の状況や精神状態を俯瞰して、それに巻き込まれないことです。
理不尽な要求に、嫌な思いをして、

「アホか! 自分で考えろボケ!」

と、心の中で叫んでもいいですが、それで終わらせないことです。

上司も部下もメンタルがダメ同士なら最悪

まだ、怒りが込み上げてくるくらいならいいです。

一緒に不安になって思考停止のまま委縮してしまうのは最悪です。

あなたが、こういう状況なら、相当メンタルがダメです。

上司もメンタルがダメ、部下もメンタルがダメ、これでは信頼関係が崩れて行くだけです。
だれか、チーム内に状況が俯瞰できてサポートできる人がいればいいいですが、いなければどうしようもありません。
そういう時はチーム以外の人に相談することも考えなければなりません。

私のチームでも、責任者が「その人」のときは、何時も下っ端が被害にあっています。

前にいたメンバーは、頭が良く、メンタルもしっかりしていたので、不満を言いながらも、適当にやっていましたが、それでもチョットまいっていたところもありました。
人が代わったので新しいメンバーどう対応するのでしょうか?

あなたは、あなたの身を守るためにメンタル強化を

ハッキリ言って職場の上司にも色んな人がいます。
メンタルの弱い人もいます。

なかなか、メンタルの弱い上司と付き合うのは大変ですが、そういう時にこそ自分のメンタル強化の機会になると思います。

そういった上司の自分を守る発言に「ため息」をつくことあると思いますが、

それに反応するのは、あなたの「禁止令やドライバー」などのベキ論です。

それを見つける「良い機会を得ている」というのが本当です。
しんどいですが、私もそれでメンタル強化の日々を送れています(笑)

まとめ

  1. メンタルがダメな上司が部下を思考停止に追い込む
  2. あなたが上司で、何時もそういうことをやっているなら自分自身の状況を認識する必要がある
  3. 上司の理不尽な要求に追い込まれないで、相手の不安に対処すること
  4. メンタルがダメ同士なら最悪状況になるので誰かに助けを求めよう
  5. メンタルのダメな上司の時は、あなたのメンタル改善のきっかけにする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

黒田 秀明(くろだ ひであき) <経歴> 高等専門学校を卒業 エンジニアとして 外国航路の船員として就職するも2年で退職 フリーターを経て 機械部品の専門商社へ就職 サラリーマン生活を15年 その後取引先の社長と共同出資の会社を立ち上げたが 5年で先が見えず挫折 再就職 現在、再び船舶エンジニアとして人材不足などの問題に取り組んでいる。 副業では生産工場管理データシステムのエンジニアとしてもサービスを提供 <経験したこと失敗談> サラリーマン時代は、ベンチャー部門の立上げに関わり、新規ビジネスの開拓と業務のシステムまで立ち上げたが、あえなく失敗、部門の閉鎖と共に退職。 独立してからはクライアントの機械製造メーカーの業務管理データベースシステム開発を担当 海外繊維製品生産に関わり商品サービスの営業と自社の業務改善に取り組んできた。 煩雑で「めんどくさい」、「ややこしい」ことが大嫌いで そういった仕事の悩みを的確かつ実用的な簡素化したシステムに置き換えることを得意としてきた。 しかし、独立後もサラリーマン時代と同様、業務を軌道に乗せることが出来ず挫折。 ストレスから動悸とめまいの毎日から逃げるように経営から手を引いた。 2度の挫折、 再就職先でのパワハラ 度重なる苦悩を経験したことで、その後、徹底的にメンタル、知識、スキルの弱点強化に取り組んだ。 今までの弱点を強みに変えて業務改善だけでなく、 組織運営、人材育成、メンタル・能力開発 などの悩みに共通のボトルネックを見出し的確で実用的な問題解決策を提示出来る。 その後はこの強みを活かし最速3年で上級職に キャリア30年の先輩と給料を含め同等の仕事をこなす現在 人材不足の問題に取り組み適正人材の採用から高速キャリアップのシステムを内外に提案中 <信条> 敬虔な仏教徒として20年間精進、2007年に得度を受戒